女の子の初めてのお正月に羽子板を贈ろう~日本の伝統を守る~

家族

高くなったファッション性

2つのランドセル

小学生の通学のために必要なアイテムであるランドセルは、デザインが多様になっています。皮の質にこだわったものや、明るいパステルカラーのものまで様々です。子ども向けのファッションブランドが出しているものもあります。

詳しく見る

女の子のお守り

羽子板と羽

羽子板と聞くと、お正月遊びの道具という印象を持つ方が多いです。しかし、羽子板とは本来、厄払いの役割を果たすものなのです。年末に厄除けの贈り物として贈られたり、生まれてから初めてのお正月を迎える女の子に贈られるという伝統も持つのが羽子板です。羽根突きに使用する黒い球は「むくろじ」と呼ばれており、漢字では「無患子」となります。この漢字が表す通り、子どもが病気を患わないとう意味合いも込めて、女の子のお守りとされているのです。羽子板はほかのお正月飾りと同様に12月中旬頃から飾り始め、地域の習わしによっても異なりますが、だいたい1月15日頃に片付けます。羽子板のデザインは、煌びやかな着物を着た女の子などがデザインされているものが多く、お正月の華やかな雰囲気にぴったりです。また、お飾り向けの羽子板は日本人形などのように、ケース入りの場合がほとんどです。飾っておくことが目的なのであれば、ケース入りの羽子板を選ぶことで、埃から守ることができるのでおすすめです。また、羽子板は縁起物であるので1年を通して飾っていても問題ありません。羽子板に人物が描かれている場合、大抵左右どちらかを向いて描かれていることが多いですが、これには特に意味合いは含まれておりませんので、好みの絵柄を選ぶとよいです。生まれてから初めてのお正月を迎える女の子がいるという方で、日本の伝統を大切にしたいという方であれば、お守りとして羽子板を贈ってみるのもよいでしょう。

男の子の成長を願う

日本人形

毎年、端午の節句に男の子の成長を願って飾る五月人形には様々なタイプがあります。鎧だけのものや兜だけのもの、鎧兜を身に付けた人形のものまでありサイズ展開も豊富です。

詳しく見る

忙しくても欠かせない

赤ん坊

出産後は赤ちゃんのお世話もあり忙しいものですが、それでも欠かすことができないのが出産内祝いです。なるべく万人受けする品を選び、親戚や会社の上司には、お礼状も書き添えることがおすすめです。

詳しく見る